初めてでも失敗しない!海外SIMの購入方法と使い方

2018年5月26日

ここでは海外用SIMの購入までの流れや、使い方をご紹介します。

事前に確認しておくこと

・端末にSIMロックがかかっていないか

原則として、SIMロックがかかっている端末では他のSIMカードを使用できません。(一部docomo系の通信でたまたま通信規格があえば使用できることもあります)
お手持ちの端末がSIMフリーになっているか確認する方法はこちら

・SIMカードのサイズはどれなのか

SIMカードのサイズは、標準SIM・ microSIM・ nanoSIMの3種類です。現在、販売されている機種の多くはnanoSIMサイズに対応しています。

近年の格安SIMであれば3種類とも対応しているマルチカットシム(3in1)であることがほとんどです。またnanoSIMサイズであれば、アダプターを用いてサイズを変更することもできます。

・使用する端末の周波数はどれに対応しているか

端末の周波数帯を調べる方法は、携帯電話の説明書やメーカーサイトのスペックなどの「通信規格」を確認します。

手順1 海外用SIMカードを選ぶ

日本のMVNO(格安SIMを提供している会社)が扱っている「海外用格安SIM」は3つあります。

プリペイド式ならAmazonなどの通販サイトで購入がおすすめ。国別のおすすめプリペイドSIMはこちら

手順2 ・端末の周波数がカードの周波数に対応しているか確認する

事前に調べておいた「自分の使用するスマホ端末の周波数」と、購入を検討している「SIMカードの周波数」が一致することを確認します。

端末とSIMカードが使用する周波数帯が合わなければ、通信することはできません。SIMが対応する周波数帯は、購入ページの”説明”や各会社のHPに、「接続先ネットワーク」「周波数帯」「サービスエリア」といった形で掲載されています。(下図参考)

手順3 事前手続き(アクティベーション)の有無を確認する

格安SIMの中にはWEBでの登録手続きや、APN設定が必要な場合があります。設定方法を事前に確認しておきましょう。
パソコンとの併用を考えている人は、テザリングの可否を「商品説明」で確認します。「商品説明」や「詳細」に乗っていない場合は、口コミが参考になります。

またSIM会社のサポートの連絡先・電話番号があればメモしておくと、いざというときも慌てません。

手順4 海外用SIMカードを購入する

渡航前に届くように、時間には余裕を持って購入しましょう。
日本のMVNOが扱っている「海外用格安SIM」であれば、出国前に国内でも設定ができます。

渡航先で使用する方法

プリペイド式であれば、SIMカードを入れ替えてすぐに使えることが主流です。
飛行機が到着する少し前、または到着した空港のラウンジでSIMカードを入れ替えましょう。
その際、国内で使用していたSIMカードをなくさないように注意。カードタイプのケースで保管するのがおすすめです。

SIMカードが使えない時の対処法

・10〜30分程度待つ
・再起動する
・APN設定が必要ではないか確認する

結論:周波数の一致を確認してから購入、アクティベーションの設定方法等を確認してから現地へ渡航しよう

スポンサーリンク


記事下

記事下